初心者がアパート投資をはじめるための資金調達の上での注意点

アパート一棟を購入する点で頭金をどのように考える

資産運用や土地の利活用、不労収入の確保など不動産投資を開始する動機には色々ありますが、必要なお金をどのように調達するのかを検討することは必要不可欠な注意点です。なかでも一棟全体を所有することになるアパート投資をはじめる場合には、通常の投資用マンション1室を保有するのと異なって複数個の賃貸物件を抱えることになります。そのため必要になるお金も数千万円から数億円に及ぶ場合も珍しくないことから、特に慎重な姿勢で臨む必要があります。そこでまず検討するべきは、頭金をどれほど用意できるのか、とい言う点です。頭金をどれほど調達するのかは、大家さんの間でも開くがあり物件価格の2-3割程度必要と言う人もいれば、頭金0のフルローンで購入する人もいます。とはいっても通常は金融機関でローンを組む場合が多くなるので、アパート投資に際し無理のない返済計画を立てる上では頭金はある程度の額を用意するほうが、審査も通過しやすくなります。そこで注意点としては、物件価格の1割程度を目安に頭金を準備するよう心がけましょう。

頭金ゼロにしてフルローンではじめるのは要注意か

ただアパート経営を行うにあたり、頭金の為に巨額の金額を支払うことには抵抗があると考える方は数多くいらっしゃいます。会社員や公務員など職業如何にかかわらず、物件価格の何割かの額になると巨額になりがちです。物件の周辺の相場事情や家賃相場によっては金融機関からフルローンでの購入を進められる場合もあります。確かに当初の頭金負担がなくなるのは短期的にはメリットですが、長期的にみればリスクが高くなる事も想定されるので注意が必要です。なぜなら頭金を充当しない分、月当たりの返済額が大きくなるので、空き室などがでた場合には返済計画が途端に困難に直面することも想定されるからです。このように当初から自己負担に反映されやすい物件と言うのは資金を調達しやすくなりますが、結局借金返済に回される金額が大きくなるので、キャッシュフローが得られにくいことを意味します。頭金不要のフルローンは一見すると、魅力的に見えますが長期的な収支設計や年間の賃料見込み額などを踏まえて、自分の投資計画にとってメリットが大きいのかを確認することが注意点になります。

金融機関の融資審査ではどんな点が考慮されるか

頭金を用意できたとしても、アパート投資のための資金の残余部分は、金融機関からの借り入れ(ローン)で調達することになります。そこで実際に融資を受けることが出来るのかは、審査を通過できるかに左右されます。そこで審査にあたり考慮される要素について取り上げてみましょう。まず借り入れる人の属性が考慮されます。職業や勤続年数・保有資産などを元にその人個人の信用力を判断し具体的な融資額が決定されることになります。安定した収入が見込めるサラリーマンなら審査は通りやすく、収入が不安定な個人事業主では厳しくなる傾向があります。また投資対象が新築か中古なのか、物件の特性も大きく影響します。とりわけ中古物件では賃料下落リスクや修繕金負担などのリスクがあるので、借入期間は短く利息も高くなる傾向があります。これらの属性も考慮して資金計画を行っているのが必要です。