男性の悩みを解決する包茎手術

男性は多くの悩みを持っていますが、誰にも相談することができないのが自分自身の性に関するコンプレックスのことです。恥ということもありますが、日本では性に関する情報を隠す傾向があるため、自分でどうして良いのか分からず、とりあえず自分で治そうとして炎症を起こし、病院で初めて治療法を知る、ということもあります。特に包茎治療には様々な情報が氾濫しており、中には効果の無い治療法までインターネットで出てくるものもあります。病院としては、包茎治療は泌尿器科で行うことができます。泌尿器科はハードルが高いと感じる人もいますが、決してそうではなく、女性も通院する人もいます。包茎は主に包茎手術によって治すことができます。つまり、余った包皮をメスで切り、必要な部位を露出させることによって治すことができます。決して無理をせず、恥ずかしい感情を抑えて病院に相談しにいくことが先決です。

包茎手術を美容外科で

男性の悩みとして多いのは、自分の性器に関する事項です。所謂包茎と言われるものは、日本人男性は数多く、8割から9割の男性が何らかの包茎であるとの調査結果も出ているほど、一般的に多いです。しかし、それをコンプレックスに感じる人もいるのが実情です。女性に指摘された場合や男性同士の会話の中で感じる人も多く、治療によって治す人もいます。日本では泌尿器科によって包茎手術を行うことができますが、世の中で言う真性包茎や早期の手術が必要な嵌頓包茎でない、仮性包茎の場合、手術をしてくれない病院もあります。また、手術後の色や抜歯の痕を気にするのならば、美容外科で包茎手術を依頼する方法がお勧めです。その名の通り、美容に精通していますから、手術痕も気にすることなく、アフターケアを考えているところも多いため、泌尿器科ではなく、美容外科に通院し、コンプレックスを無くす方法もあります。

包茎手術は、病気を防ぐためでもある

自身の包茎をコンプレックスに感じる男性は数多いです。日本人は包茎が多いと言われていても、コンプレックスに感じ、複雑な心境でいる人もいます。また、包皮が全て被さっている所謂真性包茎と言われるものや、炎症を起こしやすく手術が急がれる嵌頓包茎は、包茎手術をしなければ露出させることができず、性生活に溝を生じさせる原因ともなりかねません。また、包皮が覆いかぶさっていると、しっかりと洗うことができないため、汚れが溜まりやすく、そこから炎症を起こしてしまうこともあります。そのため違和感を感じて泌尿器科を受診し、包茎手術を決断することもあります。包茎手術は、余った包皮を切り取り、必要な部位は縫い合わせることによって、露出させなければならない部位を露出させることができます。約2週間後抜糸となり、完了します。ここまでが長く、お金が心配ですが、保険適用になることもあるため、調べて相談すると、お金を節約して手術を受けられる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*