自分のための包茎手術

包茎を治そうと考えた時、様々な情報を本や雑誌で集めることができます。最近ではインターネットで数多くの情報を集めることができるため、インターネットが主戦力ともなっています。包茎は、包皮が必要以上に余ってしまい、それが癒着することによって必要な部位が露出せず、結果的に包茎という状態になってしまいます。中には必要な状況においても露出しない真性包茎や、包皮が戻らないカントン包茎があり、この2種類の包茎は、早急に包茎手術により治さなければならないこともあります。何故ならば、炎症を起こしやすく、洗いにくいため垢が溜まってしまい、それが細菌繁殖を促してしまうことにもなるからです。包茎手術では、必要な包皮以外をメスで切り取り、露出させることで治します。縫わなければならないため、約2週間後に抜糸を行い、うまく馴染んでいれば完了となります。

真性包茎手術の悩みどころ

日本人の約7割が仮性包茎で、その中でも約1%の人は真性包茎といわれています。真性包茎は決して病気ではなくデメリットも少ないのですが、社会や環境が影響してコンプレックスと感じる人が多いようです。そこで包茎手術を決断しようとする人は年々増加傾向にあるようです。ですが一度落ち着かなければなりません。何故なら手術後に失敗や後悔の声があがることもあるからです。特に包皮にメスを入れる場合は慎重に決断せねばなりません。最近ではステロイド剤などの薬剤で亀頭を成長させ真性包茎をゆっくり直す治療法などもあります。そういった比較的安全にゆっくり治療する手段もあるので、まずは手術前提になるのではなく、医師や家族、そしてパートナーに相談し、手術の必要性や金銭的問題をよく検討することが大切です。また、最初に述べたように真性包茎は病気ではないので前向きになることも重要です。

包茎手術は悩まず直ぐに相談

男として外見や仕事なども重要なことですが、包茎だったら一気に価値が下がります。自分にも自信が持てなくなる要素の一つとなります。温泉旅行に行ってもみんなで一緒に入浴出来ない、トイレですらこっそりと個室に入らないと用を足せない。何時までも悩まず直ぐに相談することが大事です。包茎手術は恥ずかしい事ではありません。日本人の多くが包茎です。放っておくと細菌が繁殖し、臭いや病気の原因にもなります。勃起した時に強い痛みを覚えたり、性交渉も出来ません。女性とお付き合いも怖くてできないなど、弊害がたくさんあります。今は最新の技術で痛みも無く、入院の必要も要りません。症状に合わせた適切な方法で包茎手術を行います。費用も其れ程高くはありません。先ずは先生に相談することが一番です。この先の人生にも大きく影響してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です