包茎手術の特徴について

包茎手術は男性器の手術で受ける人は男性器に皮がかぶっている状態の人です。わざわざ手術する必要があるのか疑問を持つ人がいるかもしれませんし、何となくする必要があるけど具体的な理由がわからないということもあるかもしれません。手術をする大きな理由は二つあります。一つは女性との性行為のためです日本人の60%は包茎ですので女性との性行為で皮が邪魔になりほとんどの男性が手術を真剣に考えます。性の問題はとても大きいので放っておくことができません。中には気にしないひともいますが、二つ目の理由で手術をする人もいますそれは病気になりやすいことです。24時間被り続けるので中が汚くなってしまい腐って病気になってしまします。毎日皮をむいてキレイにすればいいのですが、とても面倒なので手術して洗いやすくします。成人すれば必ずぶつかる問題なのでよく考えましょう。

包茎手術の術後の過ごし方

包茎手術を受けること自体は何も恥ずかしいことではありません。ですが、手術を受けるには費用がかかりますし、手術を受ける部位的に家族にもなかなか相談しづらいので難しいところですね。実際に手術を経験した方の感想と致しましては、術後の痛みはそれほどひどくなく、翌日から痛みが出てくるとのことです。でも耐えられない程の痛みではないようなので安心して良いでしょう。数日お風呂に入れないので、身体を濡れタオルで拭くなりして、手術した部分が落ち着くまで我慢しましょう。また、刺激のあるテレビ番組などの映像は極力見ない方が痛みが増さずに済みます。まとめますと、手術後は刺激を与えずに経過観察をし、ちゃんと医師の指示通りに生活、通院することが無難です。手術した日に自宅に帰宅できますが、心配であれば入院することも可能なので、判断はそれぞれに任されます。

包茎手術は珍しいものではない

男性の悩みとしては、性的な悩みを抱えている人が数多く存在します。それは、女性が加齢による顔や肌の悩みを持っているのと同様、男性も多くの悩みを持っています。また、自分では気にしていなくても、他の人に指摘され、それをコンプレックスに感じる人も少なくありません。性的な事は、男性同士の会話によって出ることが多く、話すことによって、手段を見出す人もいます。性的な悩みで多いのは、包茎手術のことです。日本人の多くは包茎と言われているくらい数が多いのですが、特に包皮が全てを覆っている、所謂真性包茎と呼ばれるものは、手術をしなければ治ることはありません。無理に自分で治そうとして、却って炎症を起こしてしまう可能性もあるためです。そのため、真性包茎は治療行為として行われ、泌尿器科や皮膚科によって保険適用で手術を行っているところも多く、決して特別な手術ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です